基礎化粧品に関わるよくあるQ&A集

基礎化粧品に関係する疑問や質問に対する一般的なお答えを紹介しています。少しでも皆さんのスキンケアに役立てればと思いますので、お時間のある方はぜひともこちらの基礎化粧品Q&A集をご覧下さい。

オールインワン化粧品は良いの?

化粧水、美容液、乳液、保湿クリームなどの働きを1つのアイテムで行なうオールインワン化粧品というものがあります。

スキンケアは時間が掛かるものですので、全てを1つでまかなえる化粧品があるなら、理想の化粧品とも言えるでしょう。

しかし、本当に素晴らしい化粧品であれば、世界中の基礎化粧品がオールインワン化粧品となっているのではないのでしょうか。
なぜ、普及していないのかを考える必要があります。

昔、「リンス・イン・シャンプー」というものが一時流行ましたが、やはり主流にはなりませんでした。

基礎化粧品には、それぞれの種類に固有の役割があります。
別々に順番を守って使用した方が、それぞれの特性を効果的に活かせるのではないでしょうか。

また、肌の状態は常に一定ではありませんが、アイテムが複数あるからこそ、肌状態に合わせて加減も出来るのです。

美容液は複数使った方が効果があるの?

保湿用、美白用、アンチエイジング用など美容液は目的に応じて様々な種類があり、美容液を複数使用した方が良いのかという質問をよく聞きます。

一般的に美容液は高機能性を訴求する基礎化粧品ですので、1度に2種類も3種類も使用することはオススメ出来ません。

現在、ご自身が一番気になっているポイントに絞って、ある一定期間はそれに集中するのが良いでしょう。
他のポンイトについては化粧水やクリームで補うようにすると良いでしょう。

どうしても同時に効果を得たい場合には、少し高額になるかもしれませんが、1本で複数の効果を狙える多機能な美容液を選んではいかがでしょうか。

美容液の数だけ、肌表面の保護成分を重ねていくことになり、その結果、ベタついたり肌にのせているだけの状態となってしまい、逆に肌荒れを起こしてしまう可能性もでてきます。

洗顔は1日に何回まで?

スポーツ後などの汗を多量にかいた場合などを除き、顔を洗い過ぎると皮脂が落ち過ぎて、肌荒れの原因となってしまいます。

日常生活では、どんなにオイリーな方でも1日2回で十分です。

洗顔する順番は、皮脂分泌の多いTゾーンから、乾燥しやすいUゾーンは最後に洗うようにし、チカラをあまり入れずに優しく洗いましょう。

最後の漱ぎは”ぬるま湯”で、顎の下側までしっかり落としましょう。
余分な皮脂を落とす為にはある程度の温度が必要となり冷水は向いていません。
また、温度が高すぎると逆に乾燥が促進し、肌に必要な保湿成分まで洗い流してしまいますので、”ぬるま湯”を心掛けましょう。

【基礎化粧品の順番】
クレンジング洗顔料化粧水美容液保湿クリーム
基礎化粧品には、それぞれの役割がありますので、正しい順番でしっかりスキンケアしましょう。

当サイト『基礎化粧品の種類や役割』を利用する時の注意点

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 基礎化粧品の種類と役割 All Rights Reserved.