洗顔料の種類や役割

基礎化粧品の一つである洗顔料は、肌の汚れお年を目的としています。最近では、洗顔の重要性も理解されてきて、ニキビ用など肌質に合わせた種類やタイプが増えてきています。男性用も今では一般的になってきています。

洗顔料って

文字通り、顔を洗うために使用する基礎化粧品です。

顔を洗うとだけといっても、基礎化粧品の中でもで重要な役割を持っているので、ただ、洗えればいいというものでなく、刺激が少ないものや、よりすすぎで洗い流し易いものなどの配慮されたものを【洗顔料】と呼んでいます。

主な役割は、汚れ落としであり、基本的には、クレンジングのような化粧を落とし効果は考えられていません。

洗顔料の種類

肌の汚れ落としで使用する基礎化粧品の洗顔料には、いくつかの種類があります。クリーム状やパウダー状、定番の石鹸タイプも多く見られます。

それぞれのタイプを簡単に紹介しておきます。

クリームタイプ

柔らかいクリーム状の洗顔料で、チューブで販売されていることが多くなっています。簡単に泡立つものが多く、使い勝手も良いとされています。泡立てたら、洗いすぎずには注意しましょう。

洗いすぎると肌に負担がかかるので注意が必要です。

石鹸タイプ

固形の石鹸タイプの洗顔料です。オイルベースの不透明なものと、保湿成分などが配合された透明なものが販売されています。保存方法などに注意が必要です。

保管場所は、なるべく湿気のないところで保管しましょう。

パウダータイプ

粉状になった洗顔料で、使用時に水を混ぜて泡を作るタイプです。泡立たせ方が難しいものが多く、クリームタイプなどと同様まで泡立てようとすると、手に負担がかかる場合もあります。

泡立たせるときは、コツをつかんで短時間で泡立てましょう。

液体タイプ

ジェル状など透明の液体になっている洗顔料です。少量の水で泡立たせることが可能ですが、クリームタイプより、泡が大きめで、キメの細かさなどは多少劣ります。

クレンジングを兼ねている商品もあるので目的にあった使用方法を。

最近では、肌質に合わせた洗顔料も多数販売されていますので、目的やご自身の肌質にあったものを選ぶようにしてください。

洗顔の方法について

さまざまなタイプの洗顔料がありますが、それら全てに共通することは『泡立てる事』です。ゴシゴシこするなんて事は絶対にしてはいけません。

そして使用する水は、『ぬるま湯』使用してください。冷水は毛穴を閉めてしまい、汚れが落ちにくくなります。

そして、最後は、しっかり洗い流して下さい。

これらのことに注意しながら洗顔を行うと、より効果的な洗顔ができると思います。

当サイト『基礎化粧品の種類や役割』を利用する時の注意点

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 基礎化粧品の種類と役割 All Rights Reserved.