人気の資生堂化粧品

こちらではアクアレーベルなどの化粧品部門、マキアージュなどのメーキャップ部門、TSUBAKIなどのヘア化粧品など自社内で多くのブランドを持つ資生堂基礎化粧品について紹介しています。ブランドごとに個々の目的を持っています。

資生堂基礎化粧品

多くの有名女優がCMに出演していることで知られている資生堂化粧品は、自社内に幾つものブランドを保有し、目的に応じた選択が行いやすくなっています。

1872年に誕生し、その後「美しく生きる。」をコンセプトに大手化粧品メーカーとしていまなお進化を続けています。

セミナーの開催や、資生堂が持っている美容の知識をディクショナリー式で紹介してくれていますので、まずは自分の肌の悩みを解決してはいかがでしょうか。

おすすめのポイント。

自社内に多くのブランドを持つ資生堂化粧品のおすすめポイントは「選べる化粧品」です。

スキンケア化粧品としてだけでも、「アクアレーベル」「エリクシール シュペリエル」「エリクシール ホワイト」「HAKU」「リバイタル グラナス」などがあります。

個々のブランドに目的を持ち、化粧品を選びやすくなっていますので、自分の肌に合ったブランドを上手に選びましょう。

アクアレーベル(AQUA LABEL)

観月ありささんがCM出演中のアクアレーベルは、「高品質をリーズナブル」に提供し、期待以上の満足をお届けすることを目的としています。
どんな肌も潤いでギュッと満たす「うるおい高密度」ブランドです。

保湿、美白、エイジングケアの3ラインがあり、無駄なく、無理なく、スマート・スキンケアでいい肌へ導きます。

エリクシール シュペリエル(ELIXIR SUPERIEUR)

篠原涼子さんがCM出演中のエリクシール シュペリエルは、「幸せのハリマドンナ」を目指す方へ、豊かなハリのある肌に導くスキンケアブランドです。
独自成分「エイジング-X」で、毎日の笑顔を支えます。

ハリを奪う様々な原因から肌を守り、ハリの維持に必要なものをたっぷりと与えることで、潤って弾み返すようなハリ肌へ導きます。

エリクシール ホワイト(ELIXIR WHITE)

明るく美しい肌に導くためには、シミ・ソバカスの予防だけでなく、潤いも高い透明度も必要になってきます。
エリクシール ホワイトは、肌本来の透明純度を引き出し、「大人の美白エイジングケア」を目的とするスキンケアブランドです。

美しさの鍵となる「角層」をにごらせる3つの要因に対応し、大人の美白エイジングケアで、にごりのない肌本来の透明純度の高い肌に導きます。

HAKU(ハク)

上野樹里さんがCM出演中のHAKUは、シミ予防に特化した、明るい肌を目指す美白のスペシャルブランドです。
シミができる肌特有のメカニズムを研究しつくした資生堂ならではの技術です。

資生堂が誇る2つの美白有効成分(4MSK、m-トラネキサム酸)の配合により、様々な方向から肌へアプローチして、清らかな透明感のある肌へ導きます。

リバイタル グラナス(REVITAL GRANAS)

鈴木京香さんや滝川クリステルさんのCM出演中のリバイタル グラナスは、資生堂が持つパワーサイエンスを肌へ届ける、最新エイジングケアブランドです。
季節の変化や年齢にもゆるがない、芯の強い肌を目指しています。

現在の女性は、「30、40代だからこそ得られる肌の美しさ」を求めるポジティブな意識も多く、毎日の基本的なスキンケアで、いま以上に肌を磨くことも目的となっています。

【基礎化粧品の順番】
クレンジング洗顔料化粧水美容液保湿クリーム
基礎化粧品には、それぞれの役割がありますので、正しい順番でしっかりスキンケアしましょう。

当サイト『基礎化粧品の種類や役割』を利用する時の注意点

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 基礎化粧品の種類と役割 All Rights Reserved.